トップ  > カラダ作りの豆知識  > ウォームアップ&クールダウンの実行原則
ビル福岡市南区清水1丁目24-31浪花モンテビヤンカ3F phone to092-555-2724  クービック予約システムから予約する

RecoveryCare(ケア)×Training (体幹トレーニング)×Nutrition(栄養指導・ファスティング) 
すべてが ここで 実践できるexclamation
ぴかぴか(新) 福岡初! 体幹トレーニングと骨盤矯正の専門店 ぴかぴか(新)
  PURA VIDA プーラヴィータ   


 
体幹トレーニング×骨盤矯正の専門店
  PURA VIDA(プーラヴィータ)

 
クービック予約システムから予約する
 
店休日について
人差し指【店休】のマークは終日お休みです。
 

店の中を覗いてみよう♪


 

スマートフォンご利用の方へ

※【QRコード】を携帯で読み込み、ホーム画面に登録できます。

 
 
クービック予約システムから予約する
 
 

 
 

■所在地&ご連絡先

〒 815-0031
福岡市南区清水1-24-31 浪花モンテビヤンカ3F

  • 電話:092-555-2724
  • FAX:092-555-2724

ウォームアップ&クールダウンの実行原則

前回までウォームアップとクールダウンについてそれぞれみていきました本

今回はウォームアップやクールダウンを実行していく上での原則についてお話します人差し指

ウォームアップとクールダウンの目的や注意点を理解し、計画的に行うことで効果を最大限に引き出せますexclamation
計画を立てるときに押せえるべきことが以下の原則ですexclamation
  1. 主運動の特性を考慮する
  2. 主運動で頻繁する傷害を予防する
  3. 主運動の運動要素を取り入れる
  4. 強度をアップ、ダウンさせる
  5. 時間配分を考慮する
  6. 性別・年齢・習熟度を考慮する
  7. ウォームアップとクールダウンは同一ではない

これらの事を考え、それぞれを計画的に行うことが重要です人差し指

では、原則について1つずつみていきますexclamation


主運動の特性を考慮するとは…question

メインとなる運動やスポーツがどういった運動要素を含むのかを考えることです。

例えば、マラソンであれば有酸素運動の要素が多く含まれます。サッカーであれば有酸素運動に加え、足でボールを扱うといった複雑な動作が加わります。


また、その運動が健康維持のためのものなのか、競技力向上のためのものなのかによってもウォームアップの内容や強度が変わってきます。

このように様々な観点からメインとなる運動について考えなければなりません。

主運動で頻繁する傷害を予防するとは…question

メインとなる運動について考え、その運動において傷害が起きやすい部位や頻繁に使われる部位を重点的に行うことが大切になります。

例えば、健康維持のためのウォーキング。この場合、傷害のリスクは低くなりますが、頻繁に使われる脚においてのウォームアップを重点的に行うことで運動効果が高まります。

もちろん運動後の疲労回復を早める効果も期待できるわけです。

​​​​​​​
体幹トレーニング 骨盤整体 ファスティング お問い合わせ
 
  
お問い合わせ&ご予約
■メールでのお問い合わせ
phone to 092-555-2724 まで
■ご予約はネットが簡単
クービック予約システムから予約する
店休日&各種イベントスケジュールについては ココ をクリック指でOK
初めての方ココをクリック指でOK
お店の場所(アクセス)ココをクリック人差し指

 
体幹トレーニング×骨盤矯正の専門店   PURA VIDA プーラヴィータ
〒815-0031 福岡市南区清水1-24-31-3F